ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201342122時49分

家に何を求めるのか?

横浜体感ハウスでの勉強会で4組の方からプラン依頼をいただいた。

中に、こんな方がいらした。

8年ほど前に「いい家が欲しい。」を読んだにもかかわらず、勉強会に参加することもなく他社で建ててしまった。レンガ積みの瀟洒なモデル棟を見て、すっかり気に入ってしまい建てたのだが、住み心地が悪くストレスを抱える日々を過ごしていた。

そのうち、あちこちから雨漏れが始まりどうにもならなくなって裁判を起こした。4年間にわたって争ってきたがもうすっかり疲れ果ててしまった。かといってこのまま放置しておくわけにもいかず、裁判を取り下げて建替えることを決意した。

「この経験を通じて、デザインやインテリアがどんなに気に入ったとしても、住み心地が悪かったら何にもならないという真実を、骨身にしみて理解できました」と、その方は話された。


もう一人の方も、デザイン優先の造り手に依頼しようと考えていて、私の本を読んだという。

「太い柱をふんだんに使い、南面に大きな窓を設け、日当たりと眺望が申し分ないデザインです。すっかり気に入ってしまったのですが、松井さんの本を読んで冷静になることができました。

住み心地という点から、そのようなデザインの損得を判断でるようになったのです。でも怖いですね。久保田さんですら、本に出合う前は住み心地については何も考えていなかったというのですから」。


家に何を求めるのか?

答えが定かでない内は、消費税率が上がるからと家づくりを急ぐべきではない。

ある方は、それが勉強会で明確化し、確信できたのでプラン依頼に踏み切ることにしたと言われた。

上記のお三人は、いずれも女性である。

松井 修三

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年