ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201372021時00分

心を高める 経営を伸ばす

この17日と18日の2日間、横浜にて開かれた盛和塾世界大会に出席した。

そして19日には急な訪問にもかかわらず松井会長のところで体感ハウスの今の住み心地を改めて案内して頂いた。


始めに盛和塾とは京セラの創業者で名誉会長の稲盛和夫氏を塾長とする経営哲学の学びの道場である。

日本航空を奇跡のV字回復させ、3万人の社員の雇用を守り、生きいきした社風に改善、さらに成長路線を作り上げたことでも塾長は知られている。


今年の出席者は4300名を超えた。

3階席までほぼ満席の中、2日間の学びであった。


夜の懇親会では久しぶりに逢う塾生と挨拶を交わし、近況を語り合った。

ニューヨークやシカゴでの勉強会でお逢いしたアメリカ塾生の方も多くいらっしゃっていた。

大会では盛和塾での学びをどう生かし、何を実践し、どう会社が変わって行ったかを2日間にわたり、8名の代表者による経営体験発表は迫力があり素晴らしい努力と創意工夫の日々に満ち溢れ、涙が出るほどの感動を何度も味わった。


そして毎年この会場の中にあるすごい熱気とエネルギーを自分の体の内部までどんどん落とし込んだ。

年商何十億、何百億の会社経営者が多いが、塾生同士皆謙虚である。


塾長も常におっしゃっている。

「いい時ほど謙虚でなければならない。それは神様がくれた試練なのだから」と。


この燃えている時に松井会長に会いたくて、そしてマツミの体感ハウスの空気を感じたくて、19日に訪問させて頂きました。

突然にもかかわらず会長と久保田紀子さんのお二人でずっと案内して下さいました。

何度か体感ハウスにはお邪魔しているのだが、今回程新鮮に感じた事は無かった。

そこにはお客様に対する会長の、又マツミハウジングの社員の想いがいっぱい入り込んでいる事に気づかされた。

思いの強さのレベルに頭が下がる。

同時に自分が恥ずかしくなった。

体感ハウスの隅々まで気配りされている事が今回になってやっと気がつく。

遅ればせながら帰ったらさっそく改善しますと会長に申し上げた。


会長と久保田紀子さんは終始にこやかにいろんな話をして頂いた。

そして稲盛和夫塾長の著書、「生き方」を読んだと言われ、しばらく塾長の話となった。


その時の写真をあげさせて頂きます。


平澤建築事務所 平澤 政利

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年