「いい家」をつくる会 会員コラム

2016年1月4日11時47分

登るべき道



明けましておめでとうございます

 大空にそびえて見ゆる高嶺にも
登ればのぼる道はありけり

 昨年12月30日、飛行機の窓から見た富士山には登山道がくっきりと見えた。
 明治天皇の歌には登るべき道は見えていないが、とにかく登るのだという強い信念が胸を打つ。

 こんなにはっきりとした道が見えていても、登る意思がなければ役立たない。
 今年77歳。まずは80歳の頂を目指そう。その先に85歳、90歳の頂が見える。その先は定かには見えないが、一歩一歩前進しよう。
 「いい家が欲しい」、「いい家を造りたい」という願いこそがのぼる道なのだから。

 今年も、「いい家を造りたい」と願う同志・社員・大工・職人の意気込みを肌に熱く感じる。

                     松井 修三

過去のコラム

page top