ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201310711時31分

現場廻り

私が朝早くから行動する事は前のブログにもある。

早朝にそれぞれの現場をチェックする。

早い時間だから車が少なく、移動はとてもスムーズです。


前日の夕方にそれぞれの現場の進行状況が職人から写メールで、事務所と私の携帯に届く。 

今ではその数20前後を見る。


現場が見えると、とても安心です。

不明点も写真から確認でき、大工、左官、電気屋、塗装屋、基礎屋、又は板金、瓦屋と全ての職種にメール報告、電話報告を強く求め続けている。(10年かかりようやくここまで来た)

よって、現場管理はとてもしやすい体制となっている事は確かです。

報告を確認した上で、ポイント、ポイントを絞り、現場を廻る。

現場に行くと、そこには何かがある。

何をしなくてはいけないかが見える。

だから現場は大事。

大半の問題と、又、その解決があると言っても過言ではないと思う。


私の愛車のダットサントラックは、265000kmの走行距離であり、14年乗っている。

エンジンは調子良く、きっちり整備してワックスを掛け、「いい子、いい子」しています。

現場不要品もさっと下げられ、この車は、私の専用車的存在です。


時々、朝7時前に、お施主様方とお逢いする事がある。

「おはようございます!!平澤さん朝早いですね。」

と声をかけて下さり挨拶を交わす。


家づくりを進めているお施主様は、出勤前に現場に寄って、仕事を見て行かれる。


気持ち良く見て頂き、気持ち良く会社へ、職場へ出掛けてもらいたいと思う。


平澤建築事務所 平澤 政利

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年