ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

2013101919時31分

言わずもがな

新潟市内にある最新の住宅展示場。

様々なモデルハウスが立ち並ぶその中に、室外機の一角があります。

正面には「省エネ」を謳った看板や案内、この場所に気付く人はどのくらいいるでしょう。


「室外機だらけの家には住みたくない」

現在基礎工事中のS様邸、お打合せ中にS様がおっしゃたのが分かります。

リビング・ダイニングはもちろん、各室を快適な温度に保つためにこれだけの室外機=エアコンを使うとしたら・・・


しかも、エアコンが設置されていない空間の環境は?


想像していたら、解体した実家の暮らしを思い出しました。


特に冬の台所、セーター・靴下を何重にも重ね、食事の仕度。

一方食事は顔がのぼせるようなストーブ暖房の効いた居間、食事が終わってからまた台所へ行くのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。


夏は汗をふきふき食事作り、エアコンの効いた涼しい居間で食事をし、その後台所へ行くのが嫌なのは冬も夏も同じ。


お風呂・トイレも同様でした。


SA-SHEの家に暮らして丸1年以上経ち、夏・冬共に経験しましたがトイレ・クローゼット以外ほぼオープンな間取り、玄関入ってすぐ暖かい(夏は涼しい)生活です。

外断熱とセンターダクト換気。(涼温換気の方はさらに涼温換気エアコンによる冷暖房)

この組み合わせの大切さを改めて実感しています。


新換気の我が家では、エアコン室外機は2台。

夏場のメインの1台が小屋裏に。

寝室にあるもう1台はこの夏数日しか運転していません。


つい先日、家に居て寒さを感じるようになり、今季初めて蓄暖のスイッチを入れました。

蓄熱量・設定温度を調整工夫しながら、セカンドシーズンの始まりです!

注)新換気は涼温換気とは暖房設備が異なります。

(涼温換気の場合、寒暖差が起きた時の対応が素早く出来るのがとっても重要なポイントです。)


平澤建築事務所 小泉 佳代


アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年