ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201231409時51分

「ソーラーサーキットの家」を「新換気リフォーム」する

<昨年のカレンダーに使わせていただいた黒井健さんの個展が、今日から銀座の松屋デパートで開催されている。>


他社が建てた「ソーラーサーキットの家」/N邸の「新換気リフォーム」が無事終わった。最近、このような依頼が増えてきている。

10年前に建てたのだが、Nさんご一家は、期待したよりも寒く、暑く、湿気っぽく感じていたという。とくに、奥さんが臭いに悩まされていたようだ。


昨日、社長が完了のチェックにお邪魔した。

ご夫妻ともたいへん満足されていて、ご主人は「空気が鼻にスーッと通るようになった」と言われ、奥さんは「臭いがなくなり、快適さが増し、ピアノの音がきれいに響くようになった」と喜ばれ、大工・職人の手際のよさとマナーに感心されていたという。


「ソーラーサーキットの家」を「新換気リフォーム」すると「SA‐SHEの家」に進化するのだが、この際に耐震補強も同時にお勧めするようにしている。


たしかに、マツミの大工・職人の仕事ぶりが見事である。いずれのリフォームにも、確かな腕と段取りの良さが求められるが、「新換気リフォーム」には臨機応変さも必要だ。


「見ることのできない空気のリフォーム」という画期的な仕事に携わるだけに、現場監督をはじめ出入りする人たち全員が、いかにしてお客様の心理的な負担を減らせるかに腐心する。

その努力が、今回もまた高く評価していただけた。



松井 修三

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年