ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201611313時17分

「いい家」をつくる会セミナー

今年最後の「いい家」をつくる会セミナーが開かれた。

募集していた「涼温な家」のキャッチコピーが発表された。

応募作品は630。

どれも、「涼温な家」のすばらしさをお客様に伝えたいという思いがいっぱいで、優劣がつけ難い。

 その思いのたけを神奈川県藤沢市のオークランドホーム社長・前地久子さんが語った。


 女性がきれいになる、美しくなる家


「涼温な家」は、女性にフィットするシステムです。

お施主様の奥様の肌つやが間違いなくよくなります。

お人柄が変わった奥様もいらっしゃいます。

3人の息子さんを育てている方で、涼温な家に住んでから気持ちが落ち着いてきて、家族が円満になり、気持ちがすごく楽になったと喜ばれています。


フィルター交換は、女性受けのするシステムだと思います。

どなたも汚れをみた時にぞっとして、交換作業は家族への愛だと納得されます。

汚れたフィルターを見て頂くことはとても良いと思います。

「涼温な家」は住む人とともに、造る人も幸せにします。


大阪の大成・社長の中川さんが話された。

「心臓に難病指定の疾患があるという女性の方が体感に来られて、10年ぶりに深呼吸ができたと喜ばれていました。それほどまでに空気が気持ちよい家なのだと、あらためて感動しました」


三重県のマルカ・近藤社長は、満面の笑顔で言われた。

「涼温な家」に住んで4年になりました。

引っ越して以来、女房の笑顔が増え、それともに娘との会話も増え、おがけで私も健康になりましたと。


会場は、感動の拍手に包まれた。

松井 修三

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年