ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201242117時50分

子育て後の家

調布市国領町でK邸(3階建て)の上棟が無事終わった。


ご主人がお仕事の都合で遅れたので、代わって奥さんが挨拶された。


4年前に、私が一人で勉強会に参加した頃は、建て替えは夢で終わってしまうのではと思っていたのです。

子育てが終わり、夫婦二人だけの生活になってはじめて気付いたことがありました。それは、前の家で、寒さ暑さを我慢しながら一生を過す、そんな人生で良いのだろうかとの思いでした。


<「いい家」が欲しい。>を読んで私は、なんとしても住み心地の良い家で暮らしたいと思い、勉強会に参加したのです。

4年掛りましたが思いは叶えられるものなのですね。市の再開発事業が急に具体化し、主人もその気になってくれ、とんとん拍子で3月3日に安全祈願祭を、そして今日、上棟を迎えることができました。


こんなに木の香りに包まれて、木造の家にして良かったとつくづく思います。この家に住むことで、私たち夫婦が元気で楽しく暮らし続けていけるとしたら、子供たちや孫たちにとってもこんなうれしいことはないと思います。


遅れて到着したご主人さんは、上棟されたわが家の晴れ姿を仰ぎ見て、「建ててよかった」と満面の笑みで感慨深げに言われた。


傍らに立つ西村広行棟梁の顔は、「実際に住むと、その思いは何十倍にもなりますよ」と言いたげに見えた。



松井 修三

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年