ii-ie.com「いい家」をつくる会

「いい家」をつくる会
コラム

201282409時31分

100家族の証言

(上から玄関ホールの温度・湿度。2階北西の部屋、上が外気温、下が室温。3番目の写真、右がエアコンのコントローラで設定温度26度、風量弱、40%節電運転中。左が1階リビングの温度・湿度。4番目の写真、絶対湿度11.7グラムを表示。一番下の写真は、「涼温換気」の本体。上がエアコンで下が第一種全熱交換型換気)


今日は社員たちが代わる代わる午前と午後に体感ハウスで「涼温換気」を体感した。

事務所で日々体感しているのとは大分違った感覚に、最初はやや戸惑っていた。やがて、写真のように温・湿度計のデジタル表示を見ただけではわからない「涼温換気」の味に気付く。

吹き出し口の位置と開口の度合いによって、涼気の流れが変わり涼味が微妙に変化する。

これを試すのは実に楽しいことだ。単純で、扱いやすく、効果がはっきりとわかるから誰もが納得しやすい。社員たちは、住み心地という住宅の根源的な価値の大切さ、奥行きの深さを改めて思い知ったようだ。


世田谷区八幡山で建築中のHさんご一家が、久保田さんの家を体感に来られた。みなさんが涼しさに感激されて、ぜひとも「涼温換気」にしてくださいということになった。暑がりの息子さんも、エアコンが嫌いという奥さんも大変満足されていたようだ。


このところプラン依頼やご契約される方々のほとんどが「涼温換気」を強く希望されるので、実証実験に加わっていただくということで、お引き受けすることにしている。

100棟を造って、100のご家族が「これはすばらしい」と証言してくださったら本格的に売り出そうと、「いい家」をつくる会のメンバーさんたちと話し合っている。

松井 修三

アーカイブ

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年