会員情報

家づくりは、ふるさとづくり

われわれは、住み心地こそが住宅で一番大切にすべき価値であると確信しています。

上質な住み心地は、日々住む人に感動と喜び、楽しさをもたらします。温度差、快適差が気にならず、空気が気持ちいい家に住むと、脳が活性化して、赤ちゃんもお年寄りも動きが活発になり、家族の笑顔が増えます。

そのためには、木造の長所を存分に生かし、「外断熱」+「涼温換気」で造るのが最善です。地元の大工・職人たちが、住む人の幸せを願い、腕によりをかけ、手を掛け手を尽くして造り上げるのです。


都会に住む人にとっては、自分の家がふるさとです。子供たちにとっては、自分の部屋なのかもしれません。

そのふるさとが、どんどん無機質で味気ないものになりつつあります。

造る側の都合、国の経済・エネルギー政策上の都合等が優先して、鉄骨だ、コンクリートだ、ゼロエネハウスだなどと、住宅を単に箱かコンテナか、省エネ設備機器の設置場としか考えない風潮が強まっています。

住宅をふるさとだと考えるなら、住む人の何代にもつながる幸せを願わずにはいられなくなるはずです。

ふるさとがない、これほど淋しいことはありません。

工務店による家造りは、ふるさとづくりなのです。

各地の住み心地体感ハウスはこちら

 

page top