ii-ie.com「いい家」をつくる会

お客様の住み心地感想

“極上”と言える快適な住み心地をくれた
マツミさんに感謝しています!

人にもワンちゃんにも優しい!
空間と住み心地が
バリアフリーの家。

神奈川県 伊勢原市/T様邸
平成24年築
■マツミハウジング(株)

涼温換気の家はいかがですか?

マツミさんに感謝する毎日なんですよ。こんなに快適な家を建てていただきましたから。

身内に車椅子の者がいるので、玄関からすべてバリアフリーにして、ドアのないオープンな間取りにしていただいたんです。家の中に温度差が生じない涼温換気の家だからこそ、このような空間にすることができるんですよね。心地よい温かさに包まれて、気持ち良く生活していますよ。段差も温度差もない家なので、ワンちゃんも喜んでいるんです。

「極上な住み心地」って、こういうことを言うんでしょうね。マツミさんで家を建て替えることにして、本当に良かったです。

極上な快適さの中で生活できることに大感謝しています!!
芸術家である弟様の作品を鑑賞する久保田紀子さん
玄関先から温かいんです!床暖房かと思うくらいの温もりがあるので、素足でも気持良いんです!
ワンちゃんも家の中を楽しそうに駆け回っています!
マツミハウジング 松井修三のブログより
2013年11月27日(水)
「極上の快適さと褒められた家」

「涼温換気の家」にお住いのお客様を訪問した。

玄関に入ると、ホワーッとした温もりに全身が包まれた。広くゆったりした玄関ホールは吹き抜けになっていて、写真家として名の知られている弟さんが特殊なエッチングを施した鏡がひときわ目を引く。

その作品に見とれているところに現れたご主人は、なんと、素足だった。応接間に通されて、私はそっとスリッパを脱いでみた。

「この家は、床暖房でしたっけ?」

思わず、自分を疑うような質問をしてしまったほど温かさを感じた。

車椅子用のリフトも付けていただきました。
マツミさんで建て替えて本当に良かった!

同行した久保田さんが、「本当に、そんな感じがするほど暖かいですね」と、とりなしてくれたので助かった。

「この家に建て替えて本当によかったと感謝する毎日ですよ」

「とにかく、極上の快適さです」

ご夫妻は、満面に笑みを浮かべ「満足」と「感謝」を何度も言われた。

 

体感温度が高い家は、実に気持ちのいいものだ。いや、この表現は的確ではない。どこにもほとんど温度差がないだけでなく、風とにおいを意識しないで、空気が気持ちよく感じられることが快適の質を高めるのだ。

「快適に影響するのは体感温度です」と話す学者や評論家がほとんどだか、それだけでは「極上」と褒められる快適さとはほど遠い。

取材協力どうもありがとうございました。