ii-ie.com「いい家」をつくる会

お客様の住み心地感想

以前の家からは想像もできない
快適な住み心地が手に入りました!

家族思いの奥様が
考えた末に選んだ
「涼温な家」。

大阪府 大阪市/S様邸
平成26年築
■(株)美和工務店

「涼温な家」を選ぶことになった
経緯をお聞かせください。

きっかけは独り暮らしをしている母を引き取ろうと思ったことからでした。当時住んでいた家に来てもらうだけだと、自分の居場所がなくて住み辛いだろうと思い、もっと広い家かマンションに住み替えようかと迷いました。しかし、ここは嫁いだ娘の家にも近く、そちらの子育ても助けてあげたいので、狭い土地ではあるけれども建替えてここに住もうと決めたんです。そして、その時に手に取ったのが、以前から新聞広告で気になっていた<「いい家」が欲しい。>のシリーズでした。

本を読んでもちろん「いいな」とは思いましたが、念のために「いい家」に対して批判的な会社の本も読み、説明会にも行きました。さらに町場の普通の工務店に行って意見を聞くこともしました。大切な決断ですから、素人なりではありますが自分たちにできる最大限の努力をして、真剣に選んだつもりです。

社長の人柄、家づくりへの情熱、親身になって相談に乗る姿勢・・・すべてに惹かれ、美和工務店さんにお願いすることにしました。
安心して建方もお任せすることができました。

家づくりでこだわった
ところはどこですか?

足の悪い母のためにエレベーターをつけること、そして狭さを感じずに暮らせるということです。この「狭さ対策」に関しては目からウロコの経験をしました。最初私は少しでも広く見せたいからと、リビングに収納はつくらないと言っていたんです。ところが設計担当者の方も近藤社長も声を揃えて「収納は必要です」とおっしゃいます。さらに社長が続けられたのが、「古新聞を出すにしても、収集日が来るまで一時的に保管しておく場所が必要でしょう?」という言葉でした。言われてみると確かにそうですよね。言ってもらわなかったら、そこらじゅうにモノがあふれるところでした。

また、クローゼットをつくる際も、ラックにハンガーを掛ける動作をするなど、普段の動きを再現しながら、高さや棚の位置などを決めていきました。とても細かい作業に、こんなふうにつくりこんでいくんだ、と感心することしきりでした。建替えするにあたっては、母も私もいま流行りの「断捨離」をして、相当いろいろなものを捨てたのですが、嬉しいことに思い出のこもったものはすべて新しい家に移すことができました。特に私はばらばらになっていた娘たちの写真や、学校で作った作品などをすべてまとめて小屋裏に収納できたことが幸せ。母が大切に使っていた食器棚も、新しい家でまだまだ現役で頑張っています。狭い家ですが、掃除機も洗濯用品も台所用品もすべて収納スペースに収まっているので、狭さをあまり感じずに過ごせています。

小さな孫も気持ちの良い環境に敏感なんですよ!

最後に今回の家づくりで印象に
残ったことを教えてください。

やはり、まるで家族が家を建てるかのように親身になってくださった美和工務店の皆さんのことです。内装のこと、設備のことなど決めなければいけないことが本当にたくさんあって、何度も迷い、変更を繰り返す私に、嫌な顔をするどころか、その都度一緒に悩んだり考えたりしてくださって、その真心のこもった対応にただただ感謝の思いしかありません。家が完成した時、近藤社長は「これからですよ。これからが長いおつきあいですよ」と言ってくださいました。そう言ってもらったことにすごい安心感を覚えています。家は建てて終わりではないので、人間的に認め合い、ずっとおつきあいしたいと感じるような会社を選ぶことがとても重要なのではないかなと思います。

思い出深い地鎮祭の写真

美和工務店をパートナーに
選んでくださった決め手は何でしたか?

私たちが最も気にしていたのが、土地が狭小であるということでした。その悩みに対して一番親身になって、自分の事のように考えてくださったのが美和工務店さんだったんです。この会社なら信頼するに足りるのではないか・・・その思いは近藤社長のご自宅でもある「新・体感ハウス」を訪れた時に確信に変わりました。社長の裏表のないお人柄、そして何より家づくりに対する情熱は本物だと感じました。また、奥様である常務が小屋裏を見せてくださり、機械のお手入れが思ったよりずっと簡単であることが実感できたのも良かったです。

これは後日談になりますが、我が家の工事が始まってから、近所の方が外壁の塗装を美和工務店に依頼されたんです。「間近に現場を見て、あれだけ丁寧な仕事をする工務店なら間違いないと思った」とおっしゃっていました。私たちは仮住まいをして離れていますから案外分からなかったのですが、近所の方は毎日見ておられますものね。その出来事に「ああ、やはり私たちの選択は間違っていなかった」と嬉しかったですし、ちょっと自慢したい気分にもなりました(笑)。

狭さを感じることなく過ごすことができるなんて思っていませんでした!

住んでみられての感想はいかがですか?

以前の家は夏にはめまいがするくらい2階が暑く、1階は冬寒くて耐えられないという具合で、いま振り返るとよく過ごせていたなあと思います。今は家中どこに居ても快適で、しかも臭いがこもらないのが本当に気持ちいいです。1階に居る母が、自室に臭いがこもらないかと心配して消臭剤を用意していたのですが、その消臭剤の方が鼻につくくらいで(笑)、母も気兼ねなく過ごしてくれていると思います。孫も保育園から帰ってくると、ほとんどこの家で過ごしています。子どもって口には出さないけど、気持ちの良い環境に敏感だと思いますね。フィルターの掃除も思っていたより簡単で、この程度の手間でこれだけの快適さが手に入るのなら言うことなしです。

真心のこもった対応に感謝の気持ちでいっぱいです!これからもよろしくお願いします!

取材協力どうもありがとうございました。