ii-ie.com「いい家」をつくる会

お客様の住み心地感想

お互いの気配を感じつつ
助け合える二世帯住宅は最高です!

高齢者にも、赤ちゃんにも
ペットにも優しい!
家族思いの家になりました。

茨城県 笠間市/S様邸
平成26年築
■(株)吉建ホーム

「涼温な家」に住んでみての
感想をお聞かせください。

「涼温な家」は人の健康にも、ペットの健康にもいい家なのですね。

毎年、夏になると手や胸にあせもがすごく出来てしまう93才のおばあちゃんが、今年は全然あせもが出来なかったんです。おばあちゃんの歩くスピードも速くなったんですよ。

生後5ヶ月の赤ちゃんにもちょうどいいみたいです。家の中が快適なので、赤ちゃんの機嫌がよく、お肌もつるつるです。

12歳になるワンちゃんは、建築中の仮住まいのストレスもあったのか毛が抜け、足腰も立たず歩けなくなっていました。でも新居に引っ越してからはまた毛が生え、歩けるようになって見違えるように元気になりました。

高原にいるかのようなさわやかな空気が心地いいんです!
「涼温な家」はとっても経済的で助かっています!

フィルターのお掃除はいかがですか?

フィルターを初めて交換した時の汚れ具合には本当に驚きました。たった1ヶ月で、水色のフィルターが真っ黒になってしまうのですから。この地域の空気が特別汚れているというわけではないですが、フィルターの汚れ方を見て「以前はこんな汚い空気の中に住んでいたのか」と思いました。この家は、換気フィルターのおかげで、家全体に空気清浄器が働いているという感じですね。

「涼温な家」には健康増進効果があるのを実感しています。

「空気の質」はいかがですか?

空気の質を例えるなら「軽井沢」や「高原」にいるようなイメージですね。以前は窓を開けなければ暮らすことが出来ず、埃っぽかったのですが、「涼温な家」は窓を開けずに生活できるので、埃っぽさが全くないです。おかげで、ブラインドも汚れないし、お掃除がとても楽になりました。

普段からおばあちゃんはおむつをしているし、ワンちゃんもいるのに「臭いが全然気にならない」ってお客様にも言っていただけるのですよ。

涼温エアコンはいかがですか?

入居して初めての冬は、ずっとエアコンを点けっぱなしにしてしまったのですが、最近は暖かくなった昼間などはエアコンを止めるようにしています。それでも、室温が21℃くらいに保たれていて下がらないですね。寝る前にエアコンを止めても、朝に20℃くらいあるんですよ。家の中が暖かいから、息子のお嫁さんは冬でも半袖で過ごしている日が多いのです。家中が同じ温度なので、ドアも開けっ放しで過ごしています。

うちはオール電化で、かかった電気代は、夏は一番高くて3万3千円、冬は4万円ちょっとでした。まだ涼温エアコンが使いこなせていないので試行錯誤をしているところですが、使い慣れてきたら、もっと電気代が節約できると思います。以前住んでいた家では1世帯で電気代が2万円程、更にガス代と冬には灯油代もかかっていました。今は2世帯で4万円ちょっとなので、経済的ですよね。

フィルターの汚れ具合には驚きます!外の空気ってこんなに汚れているんですね…。
何度もしてくださる打合せに丁寧な工事…安心してお任せできました!

梅雨や夏の暑い時期はいかがでしたか?

家中どこにいても常に快適で、窓をあけることもないので季節の変化をあまり感じませんが、家に入った時に外との違いを実感しますね。外がジメジメしていても家の中に入ると爽やかで、とても気持ちいいと感じます。雨の日に洗濯物を室内に干しても、カラッと乾きますね。

普通の住宅メーカーは窓を大きくし、窓をあけて換気すればいいと思っているようだけど違うんだな、と思いました。

実際、寒い時期は窓を開けての換気などなかなかできないですよね。

ほかのお宅を見て「あんなに窓が大きいと暑かったり寒かったり大変だろうなと、この家に住んでみて思いました。うちは吉建さんのアドバイスで掃出し窓は1階と2階、各一か所づつにしました。

職場では窓の近くは暑かったり、エアコンの風が直接当る所は寒かったりと、場所によって不快な温度差があります。男女差もあり、一般のエアコンでの調整は難しいと改めて感じます。 

お家の中でお気に入りの場所は
どこですか?

家中どこも快適なのですが、強いて挙げるならリビングダイニングです。落ち着くので、大抵ここにいることが多いんですよ。

「いい家」の本と吉建ホームさんに出会えてよかった!

吉建ホームの工事はいかがでしたか?

建築中、「大工さん、すごく丁寧に造っておられますね」「基礎が丁寧ですね。こんなに丁寧にやっているのは見た事ない」と、ご近所の方々に言っていただけました。

ハウスメーカーに最初相談した時は、以前の家が単世帯で52坪だったのに、今度は二世帯住宅だから50坪で収まるはずはないと言われていたのですが、吉建ホームの設計士さんは47坪に抑えてくださいました。それでも、とても快適です。うちに来られたお客様にも「とてもいい間取りですね」と褒めていただいたんです。

最初に全部決めてしまわないといけないハウスメーカーとは違って、打合せは何度も何度も丁寧にしてくださって、月に1~2回は設計士さんや現場監督さんも一緒に打合せをしました。工事の進行に合わせて徐々に決めていけたことは、本当に良かったと思います。

また、近所の人がある有名メーカーのリフォームをされたのですが、追加追加で結果的にすごく高くなってしまって「最初から新築で建てれば良かった」って言っておられました。 吉建さんは大体決まった予算でやってくださったのでとても助かりました。

それから、シロアリ対策に、薬剤を使わずに、基礎を継ぎ目のないコンクリート一体打ちにする工法も魅力的でした。シロアリの薬剤は人体にとても悪いそうですね。三男が赤ちゃんだった頃、以前住んでいた家に防蟻の薬剤を撒いて貰おうと大工さんに頼んだら「赤ちゃんがいるのにとんでもない!絶対駄目。すごく怖いんだよ。」って断られたことがあったんです。

シロアリの薬剤を使わない工法も我が家には魅力でした!

最後に一言お願いいたします。

二世帯住宅は最高ですね。うちはキッチンが2つなので、普段は挨拶程度の関わりですが、お互いの気配が感じられて、すぐに助け合えるのがいいです。

<「いい家」が欲しい。>の本と、吉建ホームさんに出会えて本当に良かったと思っています。

取材協力どうもありがとうございました。