いろいろ学んでたどり着いた「涼温な家」。諦めなくて本当によかった!

ストレスなく生活できるって
本当に最高ですね!!

京都府 京都市/N様邸
平成25年築
■(株)大成

一覧へ戻るボタン新しい記事へボタン過去の記事へボタン

「涼温な家」を建てることにした経緯を教えていただけますでしょうか?

新聞広告にあった「建てた方は読まないでください。ショックを受けますから。」のキャッチコピーが気になって、<「いい家」が欲しい。>の本を読んだのがきっかけでした。そして東京小平にあるマツミハウジングさんの体感ハウスにお邪魔させていただいて、やはり<「いい家」が欲しい。>の本に書いてあることは本当だなと実感いたしました。

主人にはいい加減な説明をすれば反対されるのは解っていたので、いろいろな見学会や勉強会に行き、主人には内緒で様々な工法を自分なりに勉強しました。そして建てるのだったらこの「涼温な家」しかないと決断した時に、主人にこの工法で建てたいとお願いしたのです。

大成さんに決めたのは、この工法にかける思いが小倉会長からひしひしと伝わって来たからです。しかし、当初はまだ資金繰りも土地探しも全く手付かずでした。限られた予算内での土地探しは難しく、かと言ってこの工法は絶対に譲れない、もういっそ諦めて賃貸マンションにしようか、と何度もくじけそうになりました。でも、大成さんに紹介していただいた業者さんに予算内の土地を紹介していただき、ローンもその不動産の方から紹介していただいた金融機関ですんなり許可がもらえて建てることが出来たので、諦めなくて本当によかったと思います。

「いい家」が欲しい本に書かれていることは本当だなと実感しました。

無駄な時間が減り、家族のために使える時間が増えました。

冬の住み心地はいかがでしたか?

結露がないのが驚きですね。以前住んでいたところは、真冬の朝はまず窓に付いた結露による水滴を拭いていたのが当たり前で、すごいストレスを抱えていた生活でした。でも、この「涼温な家」に住んでからは、このストレスから解放されたのでありがたいと思います。結露が無い分カビの心配もいらないですし、今まで費やしていた結露掃除の無駄な時間を今度は家族のために使えるということは、主婦にとってありがたいことです。

家の中のドアを極力少なくし、リビングには念願だった吹き抜けの空間を設けましたが、家全体が一定の温度で暖かいですね。まったくストレスが無く生活できていますので、本当に住み心地がいいのだと思います。

それとお風呂場もよく乾きますし、カビがはえることがないです。また、ご近所の方からよく「洗濯物が乾きにくくて困っている」という話を聞くのですが、時間帯や天気を気にしながら寒い思いをして外に干さなくても、「涼温な家」では室内干しでしっかりと洗濯物が乾くので、すごく助かります。

夏の住み心地はいかがでしたか?

真夏でもとても涼しく暮らせています。給気口の調整弁で好みに合わせて風量調整出来るのもいいですね。

以前住んでいた家では、個別のエアコンの稼働状況がすごく気になっていましたが、1台のエアコンですべての部屋に涼しさが分配される「涼温な家」ではそのようなことも気にならなくなりました。

梅雨時は、じめじめすることがなく爽やかなので<「いい家」が欲しい。>に書いてあるとおりだと思いました。

フィルターのお手入れはいかがですか?

最初にいただいた写真付きのメンテナンスガイドが非常に分かりやすいので、2ヶ月に1度問題なく掃除が出来ています。

大成の家づくりはいかがでしたか?

まず、基礎工事の際に、鉄筋の量や太さに驚きました。そして、檜の下地板を斜めにたくさん貼られていましたので、檜にとてもこだわられているのがよく分かりました。

監督の樹山さんが毎日工事の進捗状況をメールでお知らせくださり、大変嬉しかったです。それと時折現場にお邪魔させていただきましたが、いつ行っても整理整頓がなされていて、きっちりとした現場管理がされていたことが非常にありがたく、工事に対する信頼も一層増しました。

また、時折、樹山さんからいろいろな提案をしていただいて、こちらが気づかなかった点を改善していただけたことも大変助かりました。

引き渡しを終えてからの手直しも快く応じてくださり、大変ありがたかったです。

家の中の臭いはどうですか?

魚などを焼くと、以前住んでいた家だと次の日まで臭いが残ることもありました。でもこの家は翌日まで臭いが残るということは全くないですね。常に新しい空気に入れ替わっているおかげですね。

また、床下の点検口を開けると、檜の香りがするので、今までの床下のイメージが変わりました。じめじめ感がなく、乾燥しているのが分かります。室内と同じ環境だなと感じています。

「涼温な家」はいつも空気が新鮮で、とっても爽やか。

大成さんの現場はいつ行っても整理整頓されていてきれいでした。

取材協力どうもありがとうございました。

一覧へ戻るボタン新しい記事へボタン過去の記事へボタン

page top