何といっても夏の過ごしやすさに驚きました!

本との出合いがなければ
全く違う家に住んでいたかも・・・

埼玉県 さいたま市/S様邸
平成26年築
■(株)横田建設

一覧へ戻るボタン新しい記事へボタン過去の記事へボタン

横田建設へ家づくりをご依頼いただいたきっかけは何ですか?

ハウスメーカーも含めて何社か紹介をしてもらい、建築を検討している最中に<「いい家」が欲しい。>に出合いました。本を読んで、“こんな家づくりがあるのか!!”と思い、「いい家」をつくる会のホームページから埼玉の会社を探して、横田さんに問い合わせをしたのがきっかけでした。

 もしもあの時、本を手にしていなかったら全然違う家に住んでいたかもしれません(笑)。

これまでの不愉快だった夏が嘘みたい!

完成した家に住んでみて、気付かれたことはありますか?

間取りに関しては、希望がほぼかなっていると思います。ただ予想外だったのは、日当たりのことは考えたのですが、外からの目線など暮らしてみて初めて気付くこともありました。窓の位置に関しては、家具の配置によって気になったりするので、計画段階ではなかなか完璧にはいかないことですが・・・。

あとは、キッチンの一部分が塗り壁なこと!!これほどまでに油が飛ぶとは、想定外でした。

先代の社長さんにお会いした時、「家というのは土地の大きさや条件、日当たりなどすべて完璧に100%満足することはない」とおっしゃっていました。私たちも優先順位をつけて、諦めた部分もありますが、90%くらいはかなっているのではないかな、と思っています。

何よりも室内の環境がいいということについては、満足していますよ。

“お母さん大好き”なワンちゃんにとってもこの夏の室内環境は快適だったかな?

家づくりをするにあたって一番こだわったことは何ですか?

本を読んでからは、室内の環境を重視するようになりました。温度の差がないことや高気密であることを一番に考えて、家づくりをしました。子供たちがそれぞれの個室にいても「寒くない、暑くない」という環境を大事に考えましたね。

本を読んでから重要視したのは温度差がなく高気密な家であること。

「ここが前の家とは違う!」と思うところはどんなところですか?

何と言っても、夏の過ごしやすさに驚きました。以前は個別のエアコンを使っていて、なんだかいつもベタベタした感じが不愉快だったのですが、「涼温な家」は小屋裏の涼温エアコン1台でどの部屋もカラッとして快適ですね。リビングに付けた補助エアコンも使うことが無かったくらい。身体に負担がかからなくて楽でした。

冬は2階に比べて1階が少し寒いと感じましたが、設計の吉沢さんが給気の調整をしてくださった後は大丈夫でした。以前は、窓の結露がひどくて、カーテンまでびっしょり濡れていましたが、この家はそんなこともありませんでしたよ。

良い室内環境を得ること。これを最優先にして家づくりをしました!

横田建設に対して、ご意見やご要望などございましたらお聞かせください。

どうしても経年劣化などによるメンテナンスは必要になってくるでしょうから、節目にダイレクトメールなどで点検のお知らせをいただけると嬉しいですね。見守っていただいているという安心感も持てますし。

今回は1年点検ということでしたが、5年、10年と今後とも永く、よろしくお願いいたします。

取材者コメント

S様ご家族の柔らかい雰囲気が家じゅうのそこここにあふれていて、笑顔いっぱいの団欒が想像できる1年目の訪問でした。

取材協力どうもありがとうございました。

一覧へ戻るボタン新しい記事へボタン過去の記事へボタン

page top