ii-ie.com「いい家」をつくる会

ご存じですか?

新聞・雑誌などから”気になる”情報をピックアップしています。

一覧

新しい記事

過去の記事

2016年7月2日

熱中症で死亡 9割屋内

 東京23区内でこの5年間に熱中症で死亡した人の9割が屋内で発見されていたことが、東京都監察医務院の死因調査で分かった。「屋内は大丈夫」と誤解している人が多いと、注意を呼び掛けている。
 東京都監察医務院は、23区内で見つかったすべての異状死について解剖などで死因を調べており、熱中症で病院へ運ばれた場合も対象となる。毎年、熱中症での死亡と認定したケースの状況を公表している。朝日新聞は、公表データと監察医務院への取材をもとに、2011〜2015年のデータを集計した。
 この5年間に熱中症で死亡したのは計365人(男性219人、女性146人)で、うち328人(90%)が屋内で見つかっていた。328人の中で、エアコンがあったのは160人、なかったのは134人、不明34人。エアコンがあるのに発見時に使われていなかったのは138人だった。一人暮らしは203人。死亡者全体の365人でみると、65歳以上は290人(79%)。
 監察医務院の福永龍繁院長は「高齢者は暑さを感じにくく、気づかぬうちに脱水が進みやすい。屋内だからと安心してはいけない。エアコンなどで温度調節するとともに、意識的に水を飲むよう心がけてほしい」と話す。


      2016年7月1日 朝日新聞

一覧

新しい記事

過去の記事