ii-ie.com「いい家」をつくる会

ご存じですか?

新聞・雑誌などから”気になる”情報をピックアップしています。

一覧

新しい記事

過去の記事

2018年6月16日

ロンドン火災1年

 72人死亡どうして「真実知りたい」

 72 人が死亡したロンドンの高層公営住宅「グレンフェル・タワー」の火災から1年がたった14日、英国各地では犠牲者数に合わせて72秒の黙禱が捧げられた。行政の安全対策の軽視が指摘されながらも、責任追及の動きは鈍い。被災者の多くは今も仮住まいのままだ。大惨事は、命すら軽視されている英国の格差社会の現実を映し出している。(中略)
 再発防止策をまとめるための政府の公開調査は、1年経った今も続く。これまでの調査では安全面での問題が次々と明らかになった。
 入居者は出火当時、自室にとどまるよう消防の指示を受けた。専門家らはこれを、「失敗」と指摘。出火元の部屋から外へ炎が広がった時点で避難させるべきだったとした。
 「規則破り」が常態化していたことも指摘された。ほとんどの耐火扉が耐火基準に不適合▽消火栓も基準不適合▽煙制御システムが適切に作動しなかった?といった点だ。
 外装が「正しく取り付けられていなっかった」ことも問題視されていた。BBCによると、タワーが2016年に改修された際、予定していた資材より30万ポンド(4,400万円)安く、安全基準を満たさない外断熱の外装材が使われた。
 最大野党・労働党のコービン党首は、政府の緊縮財政を受けた自治体の予算カットで、安全面のチェックが行き届かなったことや消防士の削減が背景にあると厳しく批判する。(以下省略)
    2018年6月16日朝日新聞朝刊

一覧

新しい記事

過去の記事