ii-ie.com「いい家」をつくる会

ご存じですか?

新聞・雑誌などから”気になる”情報をピックアップしています。

一覧

新しい記事

過去の記事

2007年7月3日

2030年予測 27度以上の熱帯夜3倍 35度以上の猛暑日1.5倍

 国立環境研究所は2日、地球温暖化の影響で、2030年の日本では、最低気温27度以上の暑い夜が現在の3倍に増えるとの予測を発表した。スーパーコンピューター「地球シミュレータ」を使って試算した。
 環境研の江守正多・温暖化リスク評価研究室長らは、1981〜2000年の20年間の平均気温などと、世界が経済重視で移行し、温室効果ガス削減があまり進まないとの想定で計算した2011〜30年の予測気温とを比較した。
 その結果、温暖化は100年後の遠い未来の話ではなく、2030年には、その影響が世界各地で表面化することが判明した。
 東京を例にとると、最低気温が27度以上の極端な熱帯夜は現在の3倍に、最高気温が35度以上になる猛暑日も1.5倍に増加する。


〔読売新聞朝刊〕2007年(平成19年)7月3日

一覧

新しい記事

過去の記事