ii-ie.com「いい家」をつくる会

住み心地感想

「涼温な家」には
感動の物語があるんですよ。

涼温リフォームで
贅沢なほど空気感が
良くなりました。

Y様邸

リフォーム前と今の
「涼温な家」との違いはいかがですか?

【ご主人様】

ソーラーサーキット(外断熱・二重通気工法)の家に12年間住んでいたので、「涼温な家」にリフォームして、その住み心地の違いはとてもよく理解することができます。一言で言うと、間違いなく住み心地の質が向上しました。「涼温な家」にリフォームして、とても満足しています。

涼温換気が5年前に発売された時には、とても興味があり、いつか「涼温な家」にリフォームしてみたいと、ずっと思っていました。家族間のいろいろな都合があったのですが、今回のタイミングを逃してしまうと次はいつになるのかわからなかったので、思い切ってリフォーム工事をお願いすることにしたのです。

今までの家でも十分に快適でした。それにリフォーム工事中に床下や壁の中を拝見しましたが、木が痛んではおらず、しかも木の良い香りがしたことは驚きました。やはり外断熱の建物は良いですよね。しっかりと造られた構造がいつまでも長持ちします。とても安心しました。私は木の香りが大好きです。

涼温換気にリフォームしてから料理の臭いが消えるのが早くなりました。これがソーラーサーキットからの進化のひとつと実感しました。それから空気の質感がとても変わりましたね。空気が美味しいというか、さらりとした上質な空気感が気に入っています。目には見えず、形にもなりませんが空気が良いことは贅沢なことだと思います。

涼温エアコンによる「ほどほどの温度」というのが良いんです!
工夫と調整次第で住み心地がもっと良くなる!!それが本当に楽しいです。
住み心地証言 奥様 Y様邸
リフォームで住み心地の質が向上 Y様邸
ソーラーサーキット(外断熱・二重通気工法)の家をいつか「涼温な家」にリフォームしたいと思っていました。

冬や夏の冷暖房の季節に、エアコン独特のあの嫌な空気感を感じることはありません。風が当たる不快感がないのです。普通のエアコンの場合は、同じ部屋でも風が当たる場所とそうでない場所で温度差ができますよね。また、体感温度の好みに個人差があります。個人によって暑がりの人や寒がりの人がいますので「涼温な家」のように家中が同じ温度ということは、個人の調整が難しくなるのではないかと心配していました。

しかし、実際に住んでみると、その安定した「ほどほどの温度」というのがとても良いのです。季節に応じて、あるいは外気の変化に応じて、涼温エアコンで「ほどほどの温度」を維持しておいて、あとは個人の好みでちょっと衣服類で調整すれば良いと思います。自分の主体性で微調整ができるのが「涼温な家」の魅力だと理解することができました。住んでいる人の工夫や個性が生きる、調整のしがいがある家だと思いました。妻はそれを「住むのが楽しくなる家」と表現しています。

私たちの家は12年前に建ててもらいましたから、例えば窓ガラスは通常のペアガラスです。夏は、朝日や西日が強く当たる窓に妻が買ってきた遮熱シートを使っています。冬の場合には、今回のリフォームの際に取り付けしてもらったハニカム・サーモスクリーンを使って保温を心がけています。

そんな住まい手のちょっとした工夫でも外断熱の家はしっかりと快適さを発揮してくれます。さらに「涼温な家」は、もっと快適さを発揮してくれたのが嬉しかったです。

奥様はどう感じられていますか?

【奥様】

工夫していて本当に楽しいです。どんな家でもちょっとした工夫はしていると思いますが、こんなに応えてくれる家はそんなには無いと思います。

この辺りを散歩すると建て替えられて新築になった家が多くなってきましたが、今日のように梅雨の冷たい雨の降る日でさえも窓を開けている家が多いのですよ。こんな日に窓を開けるということは、きっと家の中が工夫や調整では対処できないほどに湿っぽく不快だからなのでしょうね。私たちの家は、梅雨時期でもサラリとしていますので窓を開ける必要はありません。とくに「涼温な家」にリフォームしてからは、さらに空気感が良くなりました。

思い起こすと、真冬でも真夏でも梅雨時期でも、春でも秋でも、家の中が快適なので窓を開けようと意識することはありません。いつの時期でも快適なのがとても嬉しいです。

外よりも家の中が快適だから窓を開ける必要がないんですよ。

電気代が驚くくらいに下がりました!

【ご主人様】

住んでみて快適さがさらに増したことは嬉しかったですが、もうひとつ嬉しいことがあります。電気代が驚くくらいに下がりました。

東京電力のウェブサイトで私たちの家の消費電力をグラフにして見ることができます。冬の消費電力が約半分くらいに下がったのには本当に驚きました。この快適性、空気感、温度感そして電気代が安くなるなんて、なんて贅沢なのでしょう。

マツミハウジングさんの外断熱の家に住んで、そして「涼温な家」になって、本当に良かったと思います。

メンテナンスは月に一度のフィルターの掃除だけですよ。快適さを保つことが簡単にできるのでとても助かります。

風を感じることのないこの空気感が娘の赤ちゃんにも良かったです。
センターダクトのある和室 Y様邸

【奥様】

ちょうどリフォームが終わった頃に娘が出産で里帰りをしていたのです。3つ子の赤ちゃんがいたのです。

夏の暑い日でしたが、風を感じることのない、この空気感がとても良かったです。赤ちゃんに風邪をひかせる心配がないことに安心感を感じました。

取材協力どうもありがとうございました。